読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はくれい備忘録

京都の大学に通ってます ラーメン食べたい KMCおえかき班所属 物置は→ http://hakurin070706.tumblr.com/

はじめての同人誌

この記事はkmc-id : hakurinによる KMC Advent Calender 24日目の記事です.

www.adventar.org

 

前回の記事はtetsutalow先生による「1223は素数だしかし20161223は素数ではない」でした。人生に数学を、日常に素数を。

tetsutalow.hateblo.jp

 

・自己紹介

 おはようございます。こんにちは。こんばんは。hakurinといいます。つい先日まで京大マイコンクラブ第39代文化レクチャーコンパ委員(飲み会をいい感じにアレする役職)を務めておりました。今KMC39代で最もフラフラと遊び呆けている、というかただただ呆けている人間だと自負しています。「なにもしない」をしているときが一番多いです。

 KMCでは基本graphics部門に属しています。KMCには「お絵かき練習プロジェクト」という絵がうまくなるすごい講座があって、参加すると絵がうまくなります。本当です。みんなうまくなっています。各部員の成長に驚かされるばかりです。みんな参加して神絵師になってくれ。一方の僕は、そんないいプロジェクトにオルァッ!と乱入して無慈悲かつ圧倒的な老害活動を行っています。KMCのお絵かきプロジェクトの現場に老害っぽいのがいたら大体僕だと思ってください。最悪ですね。こういうのは先輩として最悪なので、現KMC1回生の皆様方におかれましてはこういう先輩にならないようにしていただきたいとしみじみと思う次第です。

 

さて、今回は細々と絵を描いていたオタクがコミケに出展することになった話を記事にしようと思っています。

クリスマスイブ?何それ、食えるの? 

 

・事の始まり

 

 

調子に乗ってコミケに応募したら受かってしまった

 

 

・認められたい!!!!!! 

 

 普段KMCでは絵を描く活動をしていて(というかそれ以外本当に何もやってないわけですが)、絵を描くと当然承認を得たくなるわけです。それは例えばインターネットに放流して🌟や💖や👍を獲得して気持ちよ~~~~くなることであったり、同人誌として発表して実際の現場で評価を頂いて気持ちよ~~~~~~~くなる、という感じで達成されたりするのですが、まあとにかくこれが欲しくなってしまった。

 

 承認欲求というのは厄介なもので、一度得てしまうとなかなかその快感からは逃れられない麻薬みたいなもののようです。

 

 まあTwitterに上げればいいんだけど、Twitterは自分をフォローしてる人間の目にしか自分の作品が触れなくて、そもそも評価される機会が少ない。フォロワーを増やせばいいんだけど、運良くバズらない限りはなかなかすぐにフォロワーが増えることなんてなくて、継続して絵をUPすることが大切なのかなあという感じですね。

 

 じゃあPixivはどうなの、と。

 

 うーん、いいですね、Pixiv。フォロワーが増えた状態のTwitterほど評価回数は得られないと思いますが、そもそもPixivを徘徊する人たちは絵を探しに来ているわけで、ゆえに検索に引っかかる可能性も高いし、フォローしてもらえばかなりの確率で作品がそのひとの目に触れます。そういうわけでフォロワー数が少なくてもちょこちょこ評価がもらえるので、Pixivは居心地がいいです💖

 

コミケに応募する

 

 そんなわけで、インターネットで承認を得るのも気持ちいいのだけど、現実世界でも承認を得たい(=目の前で生身の人間からの評価を得たい)。じゃあどうしようかなと考えて思いついたのが

 

コミケで同人誌を出す」

 

だったのですが、これいくらなんでも飛躍しすぎですよね。最初はもうちょっと小規模なイベントに出展するとかすればいいものを、いきなりコミケって。

 

 でも思いついた当時の自分にはコミケしか思いつかなかったので、期限ギリギリでしたが申し込みました。多分他の部員がイベントで本を出したりしてるってのが心の奥底にはあったように思います。そのおかげか、イベント出展に対する心的障壁がちょっと低くなっていたようです。

 

 それで申し込んだのはいいのですが、いかんせん無名だし、TwitterもPixivもあんまり更新してないし、正直なところ当選するとは思っていなかったです。「応募する気持ちが大事!」ぐらいのかる~い気持ちだった。

 

 なんだろう、初応募だからということで参加を許されたのか或いは運が良かったのか、とりあえず 当選メールが来て「ついにコミケか・・・」という流れなのですが、そのときは自分がコミケにサークル参加するという実感が持てなかったですね。(今でもあまりないんですが)

 

 というか、そもそもコミケどころか即売会に行くの初めてです。めっちゃ緊張してます。

 

・同人誌のキホンを知る

 

ここからはまあ大変だった…。本の体裁も、印刷所も、なんにもわからないのに本を出すことだけが決まっていて、なんにもわからないからとりあえず「同人誌 出し方」で調べて、KMCの部誌をどうやって出してるのか部員に聞いたりもして、

・どうも本に綴じ方には中綴じやら無線綴じやら何種類かがあるらしい

・コートとかマットとか、紙にも種類があるらしい

・〆切は想像してたよりかなり短いらしい(出展3日前ぐらいでしょ~とか思ってた)

・結構印刷代はかかるらしい

利益出すなんて無理

などなど、アタリマエの知識を今更感丸出しでやっとこさ得たわけです。

 

・地獄の原稿執筆

 

 でもなにより大変だったのが、原稿の執筆だった…(それはそう)

 

 イラスト本にするのか漫画にするのか考えた結果、「せっかくだから漫画描くべ!w」と決めたのはいいのですが、「ネーム?マンガ表現?ナニソレ」状態だった(今もそう)ので、ネームに着手すらできない状況でした。

 

 ここで失敗したなと思ったのが、「一通り知識や技術を勉強してから執筆に移ろう」と考えてしまったことでした。

 

 知識や技術を手に入れてから描くなんて人生がいくらあっても足りないってのはちょっと考えればわかるアタリマエのことなのだけど、それにすら気づいていなかった。「まず手を付けてから考えろ」ってのは多分創作に限らずだいたい全てに言えることのような気がします。

 

 結局何もできないまま〆切が間近に迫ってきてどうしようもなくなったのでネームを描き始めたのですが、これも想像していたのと違った。

 

ネーム切るの(≒ネタ出し)めっちゃくちゃ時間かかる。

 

 結局〆切3週間前までネームほぼ手付かずという極めて修羅チックな状況に追い込まれました。

 

 そこからページ数と値段の問題でさらにページ数が4p追加され、修羅が極まります。

 

・大学を2週間休学

 

  結局32p(本文28p)を2週間で描くことになり、大学を2週間休学します。1日24時間*14日あれば正直余裕でしょ、と考えていた時期が僕にもありました。

 

      知見:「まる一日使ったら〇〇できる」は3割しかできない

 

 2週間の休学生活の間、「起きたら13時」みたいな生活が続きます。結局原稿がしっかりと進んだのは〆切前日と当日の2日間だけでした。2日連続徹夜で灰になるまで作業し、〆切(12/19 15:00)ギリギリにデータ入稿に成功して無事脱稿にこぎつけました。脱稿した1時間後には熱を出して倒れました。

 

 週刊連載であのクオリティを維持してる作家の人たち、全員バケモノでしょ。

 

・悔しさ残る脱稿

 

 正直2週間で28pも描けるわけがないんですよね。なんで〆切を破らずに済んだかというと、めっちゃ質を犠牲にしました。ペン入れもトーンもやってはいるのですが、当初想定していたよりもクオリティをかなり下げることで無理やり「終わったことにした」に近くて、脱稿した今でもかなり悔しい思いをしています。

 

 絵を描くということに関して、「納得行かない」みたいなことはしょっちゅうですが、「悔しい」という感情を覚えたのは今回の原稿が初めてでした。

 

 

 

 

 得た教訓:「納期は想定の3倍見積もれ」

 

 

 

 

それでは年末3日間、冬コミを楽しみ尽くしましょう。

ちなみに僕はコミケ1日目「東J-40a」にいるようです。よろしければお立ち寄りください。

 

f:id:hakurin070706:20161224084205p:plain

 

明日は12/25、KMC Advent Calender 2016のラストを飾るのはkyp君です。聖夜に相応しきbotトークをぜひお楽しみに👍👍👍👍👍👍👍👍

 

あわせて読みたいKMCお絵描きアドベントカレンダー

 

KMCでは部員が絵を描いて上げる「KMCお絵描き Advent Calender」も同時開催しています。僕は明日12/25、トリの投稿をすることになっています。大丈夫か。

 

www.adventar.org

用水路に自転車ごと落ちた話

暗闇で自転車を漕いでいたら田んぼの用水路に落ちました。

ガルパンはいいぞ。液タブもいいぞ。そんなクリスマスイブ

雑記

この記事は、KMC Advent Calendar 2015 - Adventarの24日目の記事です。

昨日の記事はtaiseiさんの「Unreal Engineを触った」でした。

 

皆様はじめまして、hakurinと申します。

京都大学工学部物理工学科の一回生です。

一回生ですが、精神と時の部屋で一年を過ごしたので成人しています。

普段KMCではいろんな所でぽちぽち絵を描かせて頂く生活を送っています 。

というか今のところ絵を描くことぐらいしかできないです。

GitHubの使い方をこのあいだやっとわかったような気になりました。

情報系の事に関しては京大マイコンクラブ史上最弱であると自負しています。

つよくなりたい。 つよくなろう。

あ、第39代文レクもやらせて頂いてます。よろしくお願いいたします。

 

 

 

えー、

 

皆さん。 

 

 

ガ ル パ ン は い い ぞ 。

 

 

 f:id:hakurin070706:20151224021955p:plain

蝶野先輩もそう言っている 

 

 

さて、今日の記事では、

 

いかにしてクリスマス・イブをつよく生きるか?

 

について書く予定だったのですが、筆者自身が今年のクリスマス・イブをつよく生きていけそうにない(かなしい)ため、すこし路線変更をして、

 

クリスマス以降もつよく生きていくために筆者が大枚をはたいて液晶ペンタブレットを買った話

 

という感じの記事を書こうと思います。

 

液晶ペンタブレットって何?

まず、ペンタブレットについて説明します。

ペンタブレット(ペンタブ、なんて略されることが多い)とは、

簡単に言えば、 ペンを使って入力を行うためのツール です。

このデバイスは絵を描くことだけでなく、様々な作業を行うにあたってかなり便利に扱えるツールです。

f:id:hakurin070706:20151224020216j:plain

重要なのは、このデバイスでは、ディスプレイの四隅に対応した絶対座標が用いられている、という点です。普通のマウスなんかでは、マウスを動かす速度や長さ、いわばベクトルのようなものに応じて、相対的に画面上のポインタを動かします。しかし、ペンタブレットを用いると、例えばペンタブレット上の中心に専用ペンのペン先を近づければ、画面上のポインタは瞬時に画面の中心に移ります。ペンタブレット上の一点と画面上の一点は、必ず一対一対応になっているのです。このおかげで、ペンタブレットを用いて普段紙に書くのと同じような感覚で入力を行うことが可能になっています。

しかし、同じような感覚で、とは言うものの、視線は常に画面を向いたままで手先はペンタブレット上で動かすことになるので、思った方向よりも少しズレた線を描いてしまうなんてことが(慣れないうちは)よく発生します。この点は、「直感的入力」とはかけ離れてしまっています。

液晶ペンタブレットでは、それが解消されます。ペンタブレット自体がディスプレイとなっているため、思い通りの場所に一発で入力を行えます。デジタルイラストを紙に書くような感覚で作業を進めることができるのです。

f:id:hakurin070706:20151224023552j:plain

 

f:id:hakurin070706:20151224023916j:plain

こんなかんじ

 

 

 

・え、ていうか、なんでそんな大層な代物を買っちゃったの?

Amazonサイバーマンデーセールでいつもより10,000円ほど安くなってたから・・・

部室で徹夜してたらセールが目に入って、気がついたらポチってました。

およそ90,000円の超高額出費となりましたが、いい買い物をしたと思っています。

来月の楽天カードの引き落としがすこし(かなり)心配ですが。

 

・じゃあそれを使って何をやってるの?

絵を描いています(それはそう)。しかし、本人の技術の向上が伴わない限り、どれだけいい機材を用いてもそれだけでなにかが上達することは決してありません。(己への訓戒の意味も込めて・・・)

 

「いい道具を使えばイラストが上手くなる、上手い人はみんないい道具を使っているからだ」なんて愚かなことを考えている時期が私にもありました。

 

まあそんな感じなので、絵の技量は相変わらずです。

ただ、作業速度はそれなりに向上しました。

今までは、思うような線が引けるまで何回もundoしては引いてundoしては引いて(これめっちゃめんどくさい)を繰り返していたのですが、 今はその必要もなくパッと思い通りの線を引けるので、アナログでの作業と同じ(あるいはそれより速い?)スピードで絵を描いていくことができます。つまり、作業スピードが要求されるワンドロ(One hour drawing:一時間で絵を描いて見せ合うお祭り。TwitterやSlackなどでときどき開催される。)で圧倒的優位に立てます。

たとえば、

 

液タブを買う前

f:id:hakurin070706:20151224024600j:plain

 これだけでだいたい6,7時間ぐらいかかったような記憶がある

 

液タブを買ったあと

f:id:hakurin070706:20151224024911p:plain

これで1時間とちょっと(ワンドロの企画で描いたやつ)

 

f:id:hakurin070706:20151224025258p:plain

これで20分ぐらいだった

 

・・・真面目に書いてたり雑めに書いてたりと、うまく比較できるようなものがなかったのですが、個人的には作業スピードはかなり上がった気がします。だいたい25%(当社比)は早くなりました。もともとあらゆる作業が遅い人間なので何とも言えませんが・・・

 

あ、霧雨魔理沙ちゃんが好きです。かわいいです。

かわいいですよね。まりさちゃん。

 

まあ、

今回の記事はそんな感じです。まりさ。

 

 

 

液晶ペンタブレットはおそらく絵を描く人以外には不要なのだろうと思いますが、ペンタブレット自体は入力用デバイスとしてかなり優秀な一面を持っています。先述の「絶対座標」という特徴など、マウス入力にはないものがペンタブレットにはあります。もし機会があれば、是非是非、直感的入力ツールとしてのペンタブレットに触ってみて欲しいと思います。

 

 

 

これを執筆している今(2015/12/24 3:12)、夜が終わりを告げはじめ、クリスマスイブが本格的に始まってきています。クリスマスイブにもクリスマスにも(アルバイト以外には)なんの予定も入っていない私としては、すべての外出をストライキしたいところです。ほんまに。

 

あと、KMCでは12/27日にちょっと遅めのクリスマスパーティーを行います。詳細はwikiにあります。忘年会気分で気軽に参加してください。お願いします。

 

次回のKMC Advent Calendar 2015 - Adventarの記事は、

base64さんによる「pietで競プロしたい」です。

 

やばそう

 

ではでは。ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

 

f:id:hakurin070706:20151224032055j:plain

もう おかねが ないよ!

KMC餃子部、いくわよ

「『餃子の王将』の餃子をひたすら焼いて食べるヤバイ会合」に参加しました。

 

f:id:hakurin070706:20151212201248j:plain

 

集まったKMC部員:8名

買ってきた生餃子:30人前

得られる餃子焼きスキル:Priceless.

 

GYOZA FESTIVAL

~なぜ私たちは餃子を焼くのか~

 

 

今、餃子の王将で、

生餃子20パックで特製皿一枚、30パックでもう一枚(計30パックで皿二枚)がもらえるキャンペーン

が開催されています。

 

 

私たち京大マイコンクラブ(KMC)は、この好機を決して見逃しませんでした。

部室にストックする皿を増やすためただ皿が欲しいがためだけに、私たちKMC餃子めっちゃ食べたいメンは餃子の王将百万遍店に生餃子を大量注文し、餃子の王将の厨房を圧倒的なまでに粉砕(※1)する計画を立て、来たる2015年12月12日、ついに餃子パーティーを決行に移したのです。

 

KMC部室でひたすらに餃子を焼きます。床にビニールシートを敷き、汚れ対策も万全です。

 

f:id:hakurin070706:20151212201216j:plain

 

これを書いている今も餃子をモリモリ食べながら執筆しているわけです。

 

f:id:hakurin070706:20151212210407j:plain

 

(フライパン一個を酷使しながらひたすら餃子を焼き続ける男共の図)

 

やはり餃子の王将の餃子は日本一ですね。

 

各自、酒の肴に餃子を食べたり餃子の肴に餃子を食べたりして談笑に花を咲かせました。参加メンバー同士の交流、餃子焼きスキルの向上、餃子ハラスメントなど、得るものの多い非常に有意義な会合となったと思います。

 

f:id:hakurin070706:20151212215432j:plain

 

餃子をビールで調理する試みも行いました。

 

最初、「30人前は多いかなー・・・」と思ったのですが、案外容易に食べ切ることができました。むしろ食べ足りないと感じたので、餃子パーティーの打ち上げとして、有志で餃子の王将百万遍店に行って餃子を食べようという話になりました(※2)。

 

 

f:id:hakurin070706:20151212214116j:plain

 

FOR THE SAKE OF SAKE(フォーザセイクオブサケ)

 

~後記~

今回はwass君が不参加ということで少し残念です。彼は餃子300人前ぐらい余裕だと豪語していたので、今後餃子パーティー第2回をゲリラ開催し、wassの分で300人前、ほかの参加者の分で30人前の計330人前を注文し、より大規模な

パーティーを開催する予定です。

 

※1:実際には粉砕できなかった。

※2:実際には全員が酔っていてとてもじゃないが外に出られなかった。

「うさぎ屋」にいってきました

食レポ ラーメンレポ

いきなり二郎系ラーメンの記事で申し訳ないですが、同志社大学今出川キャンパス近くの二郎系インスパイア、「うさぎ屋」に行ってきました。

 

いろんなところで話を見たり聞いたりしていると、賛否両論あってどうしたものか悩んだのですが、「悩むぐらいなら行ってしまえ!」と思い、襲撃することにしました。

 

 

ですが

 

ラーメン屋の宿命でしょうか、店舗周辺の匂いがきつくて近隣から苦情が出ており、2015年12月中にどこかへ移転するらしいです。Twitterで見ました。僕がこのお店を訪れたのは12月8日だったので、店に向かう途中「既に移転してたらどうしよ・・・」と思いましたが、無事営業していました。

 

ほっとしたところで店に入って左手の券売機で醤油味・300gの食券を購入。おごそかに着席し、横に座っていた意識高い系学生2人のありがたいお話を盗み聞きしながらラーメンが来るのを待ちます。

 

・・・すごいですね。目の前に、背脂がいっぱいに入ったおっきい鍋があるんですよ。背脂のストックらしいです。威圧感がすごい。

 

店主は京都一乗寺の二郎系インスパイア「夢を語れ」で修行を積んだらしく、ここで提供されるラーメンもそれに近いものとなっています。ですがやはりオリジナルな点も多いです。

 

・味が醤油味以外にも味噌味とかある

・味が結構濃い目(カラいと言う人もいるらしい)

・脂がつよい(つよい。今回は脂マシにしたけど、普段夢を語れで食べてる脂マシよりもかなり脂が主張してる)

 

とか。あと、夢を語れよりも店舗面積が大きいです。

 

丼が到着。

 

f:id:hakurin070706:20151210185853j:plain

 

うおお、チャーシューがおおきい。

あと、麺がほかの二郎系に比べて細めですね。カラいっていう人がいるのはこれが原因なのかも。ぼくは塩気の摂り過ぎで味覚障害気味になっているので、ウンメーッって言いながらバクバク食べてました。いやはや旨い。デブが加速する。

 

写真をよく見ると、スープの上に油の層ができていることがわかります。

今回のオーダーはニンニク抜き野菜脂マシに抑えたんですが、かなりの満腹感を得ることができました。

 

いつもは池田屋や夢を語れ、ダブルラリアット(ここの麺は太すぎてもはやうどんみたい)の極太麺を食べているので、食べごたえは少し足りないかなーと(最初は)思ってたんですが、なかなかどうして結構食べごたえがあります。

 

先述のとおり、12月中に移転するらしいので、できれば移転前にもう一度訪れてみたいですね。次は味噌味が食べたいところです。

 

今はまだ移転先が決まっていないようです。移転先が決まって営業を開始次第、また襲撃したいと思います。■